薬剤師の資格の需要

 

薬剤師というと、薬を処方する立場や、自分で薬局を持ち、薬の販売をしている立場、その他にもドラッグストアなどで薬の管理をする立場と様々なものがありますが、近年薬剤師の資格の需要そのものがどんどん高くなっています。 上記のように薬を販売する立場として、処方する立場として活躍しているのはもちろんですが、これ以外にも薬剤師何の仕事そのものが多くなってきているため、病院内で入院している患者さんに対する薬の説明を行ったり、治療に必要な薬をご家族に説明したりするようなこともあります。 このような部分については医師や看護師がこれまで行ってきましたが、患者そのものは増え続け、反対に看護師が不足していることで、こうした分野で病院側としては医師、そして看護師が行うことは難しく、薬剤師が求められています。

そのため薬剤師の資格を所持していると病院からのニーズが高くなり、就職先に困らないというメリットや、常に自分で新しい薬についての情報を学びながら生涯学習ができるような部分もあります。 もちろん薬局などでも様々な薬が販売されるようになりましたので、薬局で働いている販売スタッフではなく、薬剤師の専門的な立場からお客様へのアドバイスを行うことで安心して薬を購入できる人達が増えました。

さらに薬剤師の中でも、一つの分野に特化して活躍する認定薬剤師や専門薬剤師などもいるため、こうした薬剤師の需要はどんどん増える一方となっています。 中には薬剤師の資格を持っていながらも全く違う職業で働いていて、薬剤師の資格を有効活用できていない人などもいますが、近年では以前と変わり薬剤師の資格の需要がどんどん高くなっていますので、ぜひ役立てるようにしていきたいものです。

Copyright © 2014 薬剤師の資格 All Rights Reserved.